所在地

〒038-0021
青森県青森市大字安田字稲森125-1
電話 FAX 017-766-1834
 
寄宿舎
電話 FAX 017-766-1835

交通機関
 1 青森駅から市営バス
 「慈恵会病院」「細越」行 乗車

  安田近野で下車、徒歩6分

 2 タクシー
  青森駅より所要時間25分 約7km 
    
MAP
 

カウンタ

COUNTER147782

緊急メール配信サイト

QRコード
 

高等部

 

高等部


 一人一人の進路希望に応じることができるように、複数のコースを設定しており、学力の向上を図るとともに職業に関わる科目も履修することができます。また特別活動や交流及び共同学習で社会性を養い、自立できるよう配慮した教育活動を展開しています。
 学習の成果として、パソコン検定や英語検定、漢字検定など各種資格の取得を目指しています。

 

高等部重点目標

 令和2年度 高等部重点目標

 

ビジョン: 学校生活と卒後の生活をつなげて考え、目的意識を持って課題に取り組める 高等部にしたい。

そのために、生徒が自分自身のビジョン(こうなりたいから、今これをしなければならないというキャリアプラン)を立て、

高校生活が社会に出た時とつながっている意識を常に持てるようにする。

 

教師は、学校生活と卒後の生活がつながっていることを生徒が実感できるよう、

「社会」とのかかわりを伝えていく。

今教えていることが社会に出た時にどう結びつくのか、説明責任が果たせるように)

 

 

 

<重点目標>

(1)目的のために何をすればいいのか、見通しが持てるような自己管理の力(計画し取り組む力)が育つよう支援をしていく。

 

 〈具体的な取り組み〉

 ・キャリアプラン(こうなりたいから、今これをしなければならないという計画)を、生徒自身が今の自分と向き合いながら卒後とつなげて考えて立てられるよう支援する。

 ・日々の生活においては、実態に合わせた日誌やメモを活用し、見通しを持って物事に取り組む意識、習慣が身に付くように指導する。

 ・目的に向かうために自己調整する力(思考力、判断力、表現力)を育てるため、日々の授業実践に努める。

・目的達成のための必要性を意識しながら取り組めるよう、家庭学習を支援していく。

 

 

(2)人との適切なかかわりを目指し、人の話を正しく捉え自分の考えを適切に伝える力を育てる。

  〈具体的な取り組み〉

  ・合同学活において意見交換の場を設定し、伝え合う力や自分の意見を発表する経験、相手の気持ちを推し量る心等が育つよう、支援する。

・集団における発表の場を大切にし、その場にいる全ての人に伝える意識、そして話をつかみ取ろうとする意識を持たせるよう、伝え続ける。

 

 

昨年の活動の様子